プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

##

関連記事
スポンサーサイト

中学受験と英語教育、どちらが将来役に立つ?どのレベルを目指すのか?

日本にお住まいなら、 Yahoo!Japan のホームページで

「子どもの教育で、中学受験のための勉強をすることと、英語を重視した教育を受けること、どちらを優先した方が子どもの将来に役に立つと、あなたは思いますか?」

選択肢
1. 中学受験
2. 英語教育
3. どちらともいえない

というアンケートをご覧になったかも。

これをふまえて、
受験か英語か、両立か――多様化する進路に戸惑う親
という記事がありました。記事には思い思いのコメントがたくさんついています。

まずは、「バイリンガル」や「早期の英語教育」などの議論を読んでいていつも思うのですが、語彙や英語の目指すレベルがきちんと定義されていない(あるいは共通の認識がない)のが、議論がまとまらない原因ではないかと。

「バイリンガル」の定義も、子供なら、「ネイティブの年齢相応の英語力」ということになりますが、大人になった時に、「外国人と流暢に日常会話ができればいいレベル」でいいと考えるのか、またはそれ以上を考えているのかで、「英語教育」に対する判断が変わってきたりはしないでしょうか。

上記の記事、「受験か英語か、両立か」で、目指す「英語」や「両立」レベルもあいまいですね。

早期での英語教育をするなら少なくとも何らかの面で中学校から始めるより利点があったほうがいいでしょうし、その利点が「大学受験の英語でアドバンテージをとりたいから」でよいのか、それ以上を求めるのかで早期での英語教育の目的が違ってきます。

中学受験をするかどうかはともかく、英語教育かその他の科目の勉強か、ときかれれば、余裕があるのならば両方が必要だと私は思います。日本の中だけをみないでほしい。これからのグローバル社会で生き残るためには、英語だけができればいいわけではなく、英語を職業(目的)にするのでない限り英語は単なる手段でさらにプラスするものも必要でしょう。

記事の内容より高いレベルで両立されていらっしゃるお子さんも、結構いらっしゃいますよ。そして、両立しただけでは足りないと思われているかもしれませんね。

関連記事

英語スクールと英語保持の関係


英語スクール時代のことは今非公開設定にしているのですが、ご質問を頂戴したようなので少しだけ、書いておきます。

以下、英語スクールは、毎日通うものではなく、週1の英語保持用の学校をさしています。
また、低年齢児の英語保持が前提の話です。

***

英語の先生も子供に合う学校を選ぶことももちろん大事ですが、
低年齢の英語保持にとってさらに大事なことは、
家庭で毎日英語に触れることです。

いくら素晴らしいピアノの先生についても、先生のレッスンだけで家で練習しなければピアノは上達しないですよね。
週1回のレッスンでもある程度上手になれる水泳や書道とは違います (もちろん、極められる方は毎日練習ですが)。
そういう意味では、英語保持は毎日が大事なピアノタイプのレッスンです。

素晴らしい先生との出会いも大事なのも分かります。
娘がGrade 2の時の先生は作文の宿題を毎週出してくれて、英語保持にも良かったのを思い出します。
また、娘が書きなぐった、スペルミスはあっても勢いが合って、はじけるような作文や詩で一杯のノートもいい思い出の品になっています。

その先生は、同じ学年の子供達を英語レベルで分けた3クラスとも担当されていらっしゃいました。
保持に苦労されていらっしゃると思われるお母様方の会話、
「うちはもう無理!」、とか、「どんどん英語が抜けていくわ〜」、
のような会話も聞こえてきたことがあるので、
やはり先生だけ、宿題だけで英語保持が決まるわけではないと思います。

一つ気になったのは、保持に苦労されていらっしゃるとおっしゃられていたお母様方グループが、先生に日本語で話しかけていらしたこと。
英語の先生とお母様が日本語で話されると、それを見たお子さんは、英語でなくてもいいんだ、と思うかもしれません。

保持されていらっしゃるお母様方は皆さんそろって先生と英語でコミュニケーションを取っていらっしゃいました。
うまい下手は関係なく。

***

とりとめのない文章で、後で読んで嫌になるとは思うのですが、
上記で言いたかったのは、
”低年齢の英語保持には毎日家庭で英語に触れる環境づくり(読書等)が大事”
そして、
”子供の前では、英語の先生とは英語でコミュニケーションをとった方がいいですよ”
ということです。

ご存知のことばかりとは思いますが、念のため書き留めました。

***

ブログやコメント欄、閉じていないだけ、という状態になっています。

関連記事

親の読書と子供の読書

現在、AmazonでKindle本が最大20%のポイント還元セールになっています。
仕事関係の本4冊、読んでみたいと思っていた小説1冊購入しました。
PCで読むこともありますが、KindleかiPadで読む予定です。

たまたま今年2月末か3月初めに読んだ仕事関係の本のおかげで
その後の2ヶ月の仕事の効率が劇的に変わり、
値段がつけられない価値になりました。

そういうこともあるので、積極的に情報収集につとめます。

買うほどでもない、すぐに読めそうな本、でも役に立つかもと思う本は
Amazonの検索途中で図書館で予約しました。

図書館方面についでがある時に図書館に行ってかり、
なるべくその日のうちに読んで、用事が終わって帰宅する時に返しています。
図書館にいく時間がなくて流してしまうこともあるのですが。。。



一方子供は、試行錯誤しながら、日本語も英語も学校の図書館でかりた本をせっせと読んでいます。

洋書ですが、春休み中に娘と一緒に読んでいない本を本棚の中からより分けました。
すると、本棚2段分も読んでいない本がありました!
親子でびっくりです。
それこそGrade 2 あたりの簡単な本から古典のものもありましたが、
それ以来、読んでいない本から選んでせっせと読むようになっています。

読んでいるようでも、たまには本棚の模様替えしてみるものですね。
関連記事

英語仲間

英語仲間といっても、「自分が英語学習をする仲間」ではなく、「子供の英語教育を考える仲間」です。



子供の英語教育を考えるとき、
早期英語教育を否定する本を見つけるのは本当に簡単ですが、
そういう本には、ではどうすれば良いのかという具体的な対応策は乏しいですし、
帰国当時、低年齢帰国子女の英語保持は不可能というのが一般的な認識でした。

しかし、アメリカ滞在当時、ブログのコメントを通じて掲示板 Spring Greensを教えて頂きました。

そこには子供の早期英語教育を考えるお母様方が集まっていらしていて、
それはそれは熱心に、でも冗談も交えて、おしゃべりや情報交換などされてました。

日本において子供に英語を身につけさせるには親としてどうするか、ということはもちろん、
市販の問題集、通信教育、塾の教材などでの日本語(国語)、算数などの先取りなど。
お仕事されていらっしゃるお母様がも多く、長期休暇の過ごし方などのお話も。

お話しされていらっしゃる方々はとてもとても教育熱心なのは間違いはないのですが、
とはいえ、
掲示板を作成・運営された方々のお人柄によるところが大きいく、
愉快で(失礼!)気持ちにゆとりがある温かな方々が集まっていらっしゃいました。

当時、掲示板でいただいた情報をもとに子供用に本(英語、日本語)や教材などを色々と購入しました。
情報も有り難かったですが、
そういうお仲間やお子様方がいらっしゃるということ自体も心強かったです。
子供の伸び時についても勉強になりました。

掲示板、とてもいいコミュニティだったのに、娘が高学年にさしかかる頃だったか大量の迷惑広告に邪魔されてしまいました。
熱心にお話なさっていらっしゃったお母様方のお子様方も大きくなられて子供の英語教育を卒業なさった感もあります。

今、子供の英語教育現役中のお母様方も、子供が同世代のお仲間がいると楽しいだろうと思いますよ。
英語スクールのママ友はもちろん、ブログなどネットでのお友達も。
いい雰囲気の掲示板もあると具体例も多く得られていいのでしょうけれど。


関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008