プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

Washington DC旅行前に読む児童洋書(その2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Washington DC旅行前に読む児童洋書(その1)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

子供用のチェスの本

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

子供用の英語辞書

この間まで、
娘が持っていた子供用の辞書は
Richard Scarry's Best Picture Dictionary Ever
のみでした。
ABC 順に単語とその説明が絵付きで並んでいます。
娘は辞書としては使わず、
片っ端から見ては楽しんでいました。
現在非売品です。



他にも同じRichard Scarryのシリーズから
こちらも持っています。
ABC順ではなく、
テーマごとに単語が覚えられます。
娘のように辞書として使わないなら、
テーマごとの方が分かりやすいでしょう。
車のシリーズは、男の子好きそうですよね。
キンダーでも男の子はみんな、
車の絵ばかり描いています。





上の2冊はとても大きな本ですが、
小さくて薄いのも持っています。
旅行向け。



最近、
よくスペリングを娘にきかれますが、
1単語だけ言われてもよくわからない私。
スペルコレクターのついた辞書を
買ってあげました。

アメリカの子供用の英英辞書で、
英語で話します。
会社の説明書によれば、
Grade1-5向けとなっています。
しかし一方で、
Amazon.comの評価によれば、
低学年の使用に耐える語彙数しか登録されていないそうです。
今の娘にはちょうどいいようですが、
大きなお子さんだと役に立たないのでしょう。

娘は筆記体が出てくるのに喜び、
真似してノートに写しています。
Nate the great シリーズに
筆記体がたくさん出てくるので、
覚えたいようです。

私も、
日本から持ってきた電子辞書が2つありますが、
スペルコレクターのついた物の方が
圧倒的に便利です。
同じ会社から発売されていても、
古くて英語中辞典程度しか入っていない方は、
アメリカでの常識単語が入っていないことがあり、
ひくたびにがっかりします。
この子供用辞書も、
少なくとも筆記体とスペルコレクターには期待しています。

Children's Talking Dictionary & Spell Corrector
Franklin Electronic Publishers
Franklin Electronic Publishers(翻訳)
発売日:2005-12



関連記事

NYに旅行する前に

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

My Father's Dragonシリーズ

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

日本語の朗読CD

キンダーは家から近いのですが、
水泳、ピアノ、買い物、本屋さん、図書館等
に行く時に車で過ごす時間が多いアメリカ生活。

外では英語のため、
車での移動時間は日本語を積極的に流しています。
以前は車の中は日本の童謡を流していたのですが、
さすがに聞き飽き、
次に使ったのは、
元NHKアナウンサーで現在はお子さんをお持ちの
久保純子さんの朗読が入った絵本集。
計CD2枚ずつついています。
小さな子供を対象にしているので致し方ないのですが、
それぞれのお話が短いです。
きれいな日本語ですが、
プロの朗読というよりは、
お母さんの読み聴かせに近いです。
娘もこれで車の中で日本語の物語を聴くことに慣れました。





慣れたところで、
日本語の朗読CDを4枚取り寄せました。
こういうのを買うのは初めてだったので、
色々なシリーズから、
アマゾンで星の多い物を買ってみました。
車の中でひと月ほど聴いてみた結果、1つは、だめ。
他の3つはとてもよかったです。

まず私が好きでなかったのは、こちらの1枚。
理由は、いくつかあり、
1) 音の大きさが、一様でない。
急に大きな声が出たり、小さな声になったりすると、
ボリュームの調節がしづらい。
片手運転でボリュームを変えないといけません。
2) 話の途中で入るクラシックが話の腰を折っている。
音楽が朗読の後ろに邪魔にならない程度に
流れているのならいいのですが、
見事に中断されていて、違和感があります。
クラシックならクラシックだけでききたい。
3) 選んだお話が悪かった。
アリババは子供の頃読んで面白かった記憶があるのですが、
CDの言葉の表現を聴くかぎり、
小さな子供に聴かせたいお話ではありませんでした。



私はこのシリーズはもう買いません。

次によかった3枚。
おそらく、アメリカに住んで、
娘の日本語を心配していなければ
日本語の朗読CDに注意を払うこともなかったと思うのですが、
朗読の良さを日々感じるこの頃です。
大人の鑑賞にも堪えます。

朗読 宮沢賢治名作選集は
3人の朗読の方もそれぞれいいし、音響もいいです。
車の中で聴いていると、
どんぐりの声が色々なところから響いてきます。
プロが朗読すると本の解釈までかわってきますね。



こちらも、
娘に絵本で『泣いた赤鬼』は読み聞かせをしたので、
聞き入っていました。
私自身、他の2つのお話を読んだことがなかったので、
聴けて良かったです。
繰り返し聞いています。



俳優、上川隆也さんの朗読。
淡々とした語り口で聴いていて心地よいです。
娘も「手袋を買いに」を絵本で読んだことがあったので、
こちらも聞き入っていました。
このCDだけは、ブックレットがついていて、
本としても楽しめます(子供には難しいですが)。

児童文学名作集
キング
発売日:2004-10-06
おすすめ度:5.0


低温の心地よい声を聴いているところで、
娘が「パパの声に似ている」と言っていました。
男の人の声という以外、何の共通点もないはずですが、
ひいき耳になっているのでは?
関連記事

英語の絵本/児童洋書のCDランキング

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

最近の読書模様

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Barns&Nobleもオリンピック仕様

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008