プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっとHarry Potter

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Book Off白金台店の児童洋書(1)

ブックオフ白金台店といえば、地下一階が洋書の古本のフロアーになっていることで有名です。今月、仕事の出張ついでによってみたところ以前より良くなっていました。

実は、帰国前にブックオフ白金台店のことを教えていただき、約半年前にも娘をつれて行ってみたことがあります。その時は、いい印象をもたなかったので、あえて悪い点を書き連ねるまでもないと記事にはしていませんでした。

半年前にブックオフ白金台店をあまり好きになれなかった理由ですが、

1. 娘が座り読みできない。椅子なし、音楽がうるさくて集中できない、カウンターが近くて、店員さんの声や機械の音もうるさい。
2. 1階の日本語の古本は1階にある併設のカフェに持ち込んで読むことができるが、地下で清算する洋書は1階にもっていくことができない。カフェも非常に混んでいた。
3. 値段が高い。児童洋書の基準が500-1000円でした。Amazon で新品を買える値段で、わざわざ古本を買う気にはなれない。
4. 児童洋書の並べ方が雑然としている。

でした。そして、今月ですが、

1.音楽の音量は許容範囲になっていました。でも、洋書を扱う地下でも、かかっている音楽は邦楽。今後、娘を同店に連れて行くつもりはないので、他のことは気にならないです。
2. 洋書のお会計もをカフェのある1階でするようになっていたので、実質的に洋書をカフェに持ち込むことは可能(平日にいきましたが、毎日そうなのかどうかはわかりません)。平日のためか、食事時でもカフェに座る場所を見つけるのは簡単でした。
3. 児童洋書のメインの値段が200円になっていました。半年前は、500円の本>200円の本でしたが、今回、200円の本>350円>500円の本に。
4. 並べ方は、相変わらず。。。本を選びながらも思わず並べ直してしまいます。

古本なので品揃えは今ひとつです。また、児童洋書は少なく、絵本の方がずっと多いです。でも、日本の中ー大型書店に行っても、児童洋書の品揃えの薄さには驚くばかり、日本で児童洋書の実物を手に取る難しさを感じます。(アメリカの巨大本屋さんと比較する私も悪いのですが、それでもがっかりします)。

半年前には、200円の本をどうにか5冊選んだ記憶があります。今回は、運良く欲しかった本が多数、手に入りました。中には、アメリカで絶版になっていて買いたくても買えなかった物も。すべて、きれいで、200円でした。

人気のある有名なシリーズや作家は、古本もよく読みこまれた感があります。あまり日本では有名ではないけれど、ニューベリー賞をとっているような質の良い児童洋書は、きれいなものが多いのでお買い得ではないでしょうか。しばらくしたら、また機会をみつけて、きれいで200円の児童洋書を発掘に行くつもりです。

(つづく)
関連記事

ストレス解消に自転車通勤

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

Caldecott 受賞の常連ーDavid Wiesner

Oisix から荷物が届くのを待っているところです。
アメリカ滞在中に下書きしたまま保存してしまっていた記事2つを見つけたので、投稿してしまいます。

David Wiesner

下の本の表紙を観ていただければ、Caldecottのシールだらけなのがお分かりいただけると思います。

文字のない絵本、文字のある絵本、様々ありますが、こちらは最初だけ文字のある絵本です。文字がなくても難しい。なぜなら、読者側の教養が問われている気がするからです。

初めは、普通の"The Three Pigs" です。誰でも知っている決まり文句が使われている物語です。ちなみに、LeapfrogsのDVDセットでも、本を読む練習する#4のDVDでは、The Three Pigsの物語が使われています。そこまではよいのですが、その後ブタさんたちが、他の本の方へ出て行ってしまいます。娘は、その本の一つが下のFree Fallだったと言っています。でも他にもあり、欧米人の常識なのであろうその本のオリジナルが悲しいことに分かりません。どなたかに解説してほしいです。

The Three Pigs (Caldecott Medal Book)
Clarion Books
発売日:2001-04-23
おすすめ度:5.0


Free Fall
Mulberry Books
発売日:1991-09
おすすめ度:5.0



こちらは文字のない絵本。文字はなくても音のない映画を見ているように引き込まれます。海の世界。この本だけで楽しめます。

Flotsam (Caldecott Medal Book)
Clarion Books
発売日:2006-09-04
おすすめ度:5.0


こちらも文字のない絵本。
Tuesdayは夜の世界なので、好みはあると思いますが、びっくりする絵です。

Tuesday
Clarion Books
発売日:1997-08-18
おすすめ度:4.5


以下の本、アメリカにいる間にみてみたいです。

Sector 7 (Caldecott Honor Book)
Clarion Books
David Wiesner(イラスト)
発売日:1999-09-20
おすすめ度:4.5



June 29, 1999
Clarion Books
発売日:1995-09-18
おすすめ度:5.0


Night of the Gargoyles
Clarion Books
発売日:1999-08-23


関連記事

Caldecott 受賞の常連ーChris Van Allsburg

Oisix から荷物が届くのを待っているところです。
アメリカ滞在中に下書きしたまま保存してしまっていた記事を見つけたので投稿してしまいます。

Chris Van Allsburg

Chris Van AllsburgのHP

多数の受賞、映画化、日本語への翻訳。
王道をいってますね。
有名な本ばかりです。
美術館の小さな図書コーナーにもこの作家の本は揃っています。

The Polar Expressは、娘もキンダーで読んでいましたし、
アメリカの小学生が良く読んでいる本のリストにも入っていました。

The Polar Express
Houghton Mifflin (Juv)
発売日:1985-10-28
おすすめ度:4.5


急行「北極号」
あすなろ書房
発売日:2003-11-10
おすすめ度:4.5


Jumanji
Houghton Mifflin (Juv)
発売日:1981-04-27
おすすめ度:5.0


ジュマンジ
ほるぷ出版
発売日:1984-07
おすすめ度:5.0


The Garden of Abdul Gasazi
Houghton Mifflin (Juv)
発売日:1979-10-10
おすすめ度:4.0



魔術師アブドゥル・ガサツィの庭園
あすなろ書房
Chris Van Allsburg(原著)村上 春樹(翻訳)
発売日:2005-09
おすすめ度:5.0


The Wretched Stone
Houghton Mifflin (Juv)
発売日:1991-10-28
おすすめ度:4.5


いまいましい石
河出書房新社
発売日:2003-11-21
おすすめ度:4.5


Zathura: A Space Adventure
Houghton Mifflin (Juv)
発売日:2002-10-28
おすすめ度:4.0



ザスーラ
ほるぷ出版
発売日:2003-09
おすすめ度:4.0



関連記事

たまにはパパの読んだ洋書

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

読み聴かせはしていないけれど(2)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

読み聴かせはしていないけれど(1)

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

2009年7月

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

飲み物に関するお気に入り

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。