プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WEBレッスン(中級編?)

久しぶりの記事になってしまいましたが、いつもご協力をありがとうございます。

夏休みが明けてしばらくして、国語の2年生下の教科書(光村)を頂き、音読の宿題が"Frog and Toad"の日本語訳になったときのこと。娘、「(Preschoolでも、CDでも)英語でたくさん聴いて、たくさん読んだのに、また出てきて(日本語で)音読しないといけないの。」とぼやくことしきりでした。日本語訳もとてもよかったです。絵はそのまま使われていましたね。Judy Blume の Pain and the Great one でも、主人公の女の子とクラスの男の子が仲がいいことを冷やかされて、"Frog and Toad!"と友達に囃されるシーンがあったのを思い出しました。

*****

「WEBレッスンでワークブックを使える先生」についてご質問を頂いていたので、とりいそぎ、お返事がてら書いてみました。乱文ですが、あしからずご了承ください。

1) WEBレッスンでワークブックを使うことについて

ここでいうワークブックとは、WEBレッスン会社の公式テキストではなく、native用の小学生のワークブックのことです。過去記事にも書きました通り、2年生になってからは、こちらが選んだワークブックをpdf化して先生におくり、娘のWEBレッスンに使っていただいています。

結論から言えば、どんなワークブックもこれまでお願いして断られたことはありません。ただし、ワークブックの答えも合わせて送っています。こちらが準備したワークブックを使えなかった場合にInterchange1,2,3という公式テキストも用意していますが、今の所出番なしです。

特に、先生がワークブック1冊に対して一人で固定されていないのであれば、Spectrum Reading が使いやすいです。2ページで一まとまりなので、「2ページ+その分の答え」の3ページ分を多数の先生にアップロードしてきました。音読する文章があり、読み方を間違えると直してもらい、問題を解き、時間が余れば、音読した文章をネタに話ができます。メインの先生がとれなかった時のつなぎの役目になっていました。

先生選びが難しいのは算数や理科かもしれません(答えがあれば先生は断らないとは思いますが)。算数や理科などの教科は、先生の略歴もチェックしています。少なくとも、English Know It All (Oxfordの公式テキスト、理科社会の内容)を使えるという先生の方が安心なのではないかと。Spectrum Mathも順調に進んでいたのですが、残念なことに先生がお辞めになられてからは中断してしまっています。Scienceも、理科という内容はもちろん、出てくる語彙が他の物と違うのでやる価値があります。

ワークブックの種類では、SpectrumやEvan-Moor Educational Publishers の出版社の物が、切り取り線もあり便利です。

今の所、SpellingやPhonicsなど語彙に特化したワークブックは(WEBレッスンに使わず)自習用になっています。もっと語彙のレベルが高くなれば(ラテン語やギリシャ語などがでてくるようになれば)、語彙のワークブックもWEBレッスンの先生に教えていただくかもしれせん。今、1冊だけpdf化して時期をみているところです。

私が無精者なので、過去記事に書いた通り、我が家ではワークブック1冊分をまるまるDropbosで先生におくって丸投げしています。先生が開いてみて大きなファイルなので驚いたとおっしゃいますが。。。こうしてワークブック1冊をまとめておくると、Spectrum Readingでも、2ページでおわらず、3、4ページ進んでいることもあるので、効率はいいと思います。他のワークブックも5ページ位進むことは珍しくありません。

2) WEBレッスンの先生選び

先生はお子さんと相性がいい方が一番だと思います。

1度レッスンを受けてみて、娘が嫌がる場合は、親がいいと思っても諦めます。また、ずっと良かったけれど、だんだん先生が遊ぶ方にいったり、フリートーキングばかりになってきた場合など、だれてきた場合も先生をかえてきています。

娘は平日毎日、時間を決めてWEBレッスンを受けています。レッスンをする日、しない日があると「今日は疲れたからない日だったら良かったのに~」という状態になりそうなので、仕組みとして当たり前になる様に、平日は毎日です。時間も、「今日は何時から?」とか調べる手間を省くために、固定時間を作っています。

こういう事情のため、親から見れば、子供がレッスンを受けられる時間に平日ほとんど予約が設定されている先生が有り難い。かつ、先の方の予約まで設定していらっしゃると、こちらも一ヶ月分位まとめて予約を入れられるので楽です。

1ヶ月分位先まで予約が入っていれば、先生からみても予定を組みやすいのではないでしょうか。

帰国後2年目(小学校2年生)で使ったワークブックは、1年分まとめて来年記事にするつもりでいます。
関連記事
スポンサーサイト

2010年10月

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。