プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

2011年

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

餃子とアイススケートとお金の仕組みづくり

表題は、日曜日にしたことです。

*****

午前中はお昼御飯用の餃子をせっせと娘と一緒につくりました。

大食らい家族なので約50個。家で作ると何が入るか分かるから安心です。レシピはこちらの本を参考に、お肉は鶏肉を使用し、野菜をさらに多めで。。

夕方、まだ明るいうちからビールをあけるしあわせ。―「おかず以上、おつまみ未満」のうちの人気メニュー82 (別冊すてきな奥さん)
夕方、まだ明るいうちからビールをあけるしあわせ。―「おかず以上、おつまみ未満」のうちの人気メニュー82 (別冊すてきな奥さん)藤井 恵

主婦と生活社 2005-06
売り上げランキング : 347921


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



デザート用に、焼きリンゴを入れた物とか、チーズを入れた物とかも少し準備。娘、餃子をたらふく食べ、「大満足!」。

ちなみに、私は平日はほとんど菜食生活です。

*****

午後、娘と夫はものすごく久しぶりにアイススケートへ。実は、アメリカで習っていたのですが、それ以来です。もう滑れなくなってるのでは?と心配しましたが、娘は自信満々にまだ滑れるはずだと。結果は、後ろ向きにくるくる回るのとか、片足あげてすべるのも大丈夫だったとのことです。回転はどうだったのだろう?

自転車と同じで、とりあえずは身に付いているのですね。英語と違ってアイススケートの保持は楽そうです。もちろん、娘程度のレベルではということです。

アイススケートを習っていたおかげで、アメリカで始めたスキーの習得も早かったです。エッジの使い方が最初から分かっていたようで。そういう意味でも、アイススケートはお得な習い事だったと思います。アメリカではレッスン料も格安でした。既に過去形の習い事なのですが、この先、娘がまた習いたいといいだしたらどうしよう。

*****

私はこの一週間風邪でした。仕事あり、個人面談ありでなかなか治す暇なし。でも、日曜日に家で休んで随分良くなりました。

家では、今後のお金の仕組みづくりを手配していました。じぶん年金という言葉をききますが、ここ最近、とみに、老後資金は自分達でどうにかしなくてはという感じがしてしまいます。

お金を使う物と使わない物との仕分け、クレジットカードの整理、銀行や証券会社の整理や積立ての手配等々をしました。

家計簿は、現在こちらを使っています。

iPhone/iPod touch/iPad 用のアプリケーション 「支出管理」

予算設定ができること、毎月リピートする設定、タグを設定できるところが気に入っています。

タグは、

毎月
立替
現金、カード
消費、浪費、投資

をつくり、組み合わせ。投資といえば、純粋に貯金か投資で、自己投資や娘への教育投資などは含めません。

消費、浪費、投資のタグはこの家計簿を参考にしました。以前3ヶ月だけつけましたが、お金の流れを見直すのに非常に有効でした。

90日間 貯金生活実践ノート
90日間 貯金生活実践ノート横山 光昭

ディスカヴァー・トゥエンティワン 2009-07-07
売り上げランキング : 3040


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


私はカード払いがほとんどなので、Appで管理できるのは、使い過ぎを防げて便利です。隙間時間に記入できますしね。

ただ、この家計簿Appは支出の管理なので、収入や資産の管理はできません。そこで、

iPhone/iPod touch/iPad 用の資産管理アプリケーション 「CashFlow」

も資産管理用に使っています。全体が見回せるのは便利。

*****

先月、図書館で娘を待っている間、ふと「日経WOMAN」が目につき読みました。きちんと中身を見たのは10年ぶり位でしょうか。読者の今年やり残したこと、や、この先やりたいことが出ていましたが、自分がもうすっかりそういうものに興味がないのに気づきました。

旅行のための英語も、資格のための勉強も、もう今ではしません。結婚等々ももちろん関心なし。貯金には関心はありますが、読者とは貯金の目的が違います。というわけで、ものすごい違和感を感じてしまったのでした。

「日経WOMAN」のお姉さん雑誌、つまり、アラフォー働く女性に特化した雑誌はないようですね。できない理由、多分たくさんある気がします。

*****

おやすみなさい。
関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008