プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お断りしておかないといけないこと

温かいメールやコメントを有り難く頂戴しております。

メールやコメントをくださる皆様、120%良い方ばかりなのだろうとは思うのですが、現在、メールにて個人的にこちらからご連絡はしておりません。

ブログ等を通じてその方の歴史が見られる場合はまず間違いがないと思われるのですが、どこかで線引きをする必要が出てくるので、必要に迫られない限り、個人的にはご連絡をしておりません。

頂きましたご質問につきましては、右側のプロフィールにも書いております通り、記事でのお返事となります。

私は幼児帰国子女の一保護者であり、アドバイスにしても一個人の意見や経験にすぎず、バイアスがかかっております。固有名詞(学校や地域の名前など)についてはお答えができません。

また、コメントをくださった方の個人特定につながると思われるようなコメントも、私の判断で公開を控えております。

もし、ある学校等の情報をネット上で得られる場合には、edu等、掲示板をご利用いただき、広く意見を求められることを重ねてお願いいたします。

一方、評判は評判として、ご自身のお子様にあうかどうかをご家族の目で一緒にご確認なさることをお勧めいたします。

関連記事
スポンサーサイト

帰国子女の小学校選び(追記)

帰国子女の小学校選びで、ちょっと思い出したことをかきとめます。メモ書きです。

*****

私達も、帰国前にはアメリカに小学校受験用の情報本を取り寄せました。一時帰国して受験、あるいは、(受験資格を得るために)滞在を少しのばすというのも考えなくもなかったですが、結局は帰国子女学級等は候補に入れませんでした。

一方、ネットで公立小学校についても候補決め。といっても、判断できるのは立地ぐらいでしたが。

治安マップ
商業地ではなく住宅地にあること。
職住学近接であること。(夫婦別々の職場なので中間を)

帰国後、東京のホテルに泊まり、数日間かけて親子でみてまわりました。

学年に複数のクラスがある(クラス替えがある)こと。
住宅地の様子
通学路の様子
交番の位置
学童の様子

学童の先生にお話を伺えたのも良かったです。学童にご興味がなくても、行ってみるといいかもしれません。

共働きでしたので、

保育園
児童館

がその地域にあるかどうかもチェックしました。保育園や学童があるということは、その地域に共働きのご家庭が多い可能性が高いと思いましたので。

安心なのは、私立なのでしょうね。

公立ですと、

校長先生の方針
学年のカラー

で、色々変わってきそうです。校長先生も転勤なさるでしょうし。

一人の転校生で、クラスの雰囲気ががらっと変わったという話もどこかのブログで拝見しました。

特に具体的な小学校や沿線が気になるときは、個人のブログではなく、

掲示板、例えば eduの帰国子女用掲示板

などで質問なさるのがよいのではないでしょうか。

また、今になって思うのですが、

東京では学区外からの越境入学を認めているところもあり、区のホームページでも状況が公開されているかもしれません。越境人数が多いということは、その地域で人気がある小学校なのかも。

また、

大手、および中規模の塾の場所
帰国子女学級をもつ英語スクールの場所

も参考になるかもしれませんね。もちろん、上記のようなスクールや塾が学区になくても、いい環境の公立小学校も多数あると思いますけれど。

*****

これから、帰国なさるのであれば、

首都圏の地震も想定なさることをお勧めします。

特に両親ともに共働きなら、職住学近接
少なくとも一人の親は、徒歩でも帰宅できる範囲、自転車で迎えにいける範囲が望ましいのでは。

お母様がお家にいらっしゃるなら別ですけれど。

*****

海外引越はストレスなのはお察しします。特に子供のために色々考えると大変ですよね。

私も渡米時には数ヶ月間胃が痛くなり、
帰国してからは(年齢もあり)白髪が増えた気がします。。。。

お母様のお体もお大事に。
関連記事

帰国子女の小学校選び

やっと金曜日の夜となりました。今週は2日間、午前様となりました。懸案が片付きはしましたが、いやあ、自分以外のことで疲れました。

*****

さて、「帰国子女の小学校選び」について、ご質問を頂きました。私が知る範囲で書き留めます。

私たちも帰国前は小学校のことは随分心配しました。

私の経験談の要点は、この過去記事に書いてある通りです。

ご存知かと思いますが、公立小学校も含めて帰国子女に強い小学校のリストです。

海外子女教育振興財団のホームページ

上記以外で、どうしても公立小学校で帰国子女やミックスのお子さんが多い方が良ければ、大使館が近くにある学校になるでしょう。

ただ、帰国されるのが東京(かどうか不明ですが)でしたら、多かれ少なかれ、帰国子女やミックスのお子さんがいらっしゃる可能性は高いです。

娘の行っている小学校は普通の学校ですが、帰国子女やミックスのお子さん(イギリス、韓国、中国など)もいますし、夏休みには、アメリカ等から一時帰国なさったお子さんが入っていらっしゃいます。みんなで遊んでいると娘は申しております。

そうはいっても、娘も最初は非常におとなしくしていました。

英語ができるからといって小学校で英語でお互い会話することは全くないそうです。英語で話すのは英語活動の時のみだけだとか。

学童の先生もおっしゃっていましたが、最近は英語を習っているお子さんも多いので、英語に対する理解はみんなあるのではないかと。

そういう意味では教育熱心なご家庭の多い学区の方が楽かもしれません。そういう地域ですと、習い事も近所で調達できる可能性も高いです。

ここからが要点です。

もし公立小学校を選ばれるのでしたら、候補をいくつか決められた上で、実際に学校や住宅地域を見学なさることをお勧めします

学区に住んでいらっしゃる人たちの雰囲気は大事です。

ご参考までに、

同じ区の別の学区から転勤なさっていらした先生が、「ご家庭が違うとこんなにお子さん達が違うのかと思うくらい違う。」と保護者会でおっしゃられていたことがあります。

他の先生も、「文房具を見ると学習能力がほぼ分かる」とおっしゃっていたこともあります。

ご家庭の考えがそのままお子さんに出てしまっているということなのでしょう。

あと言葉遣いは大事だと個人的に思います。

私事ですが、娘が3ヶ月の時にその月齢で預かってくださる保育園に連れて行ったことがあります。

ところが、保育園内の大きなお子さん方の話す言葉が乱暴で、一時的にでもその保育園に通わせたくなくなり、2週間で娘を引き上げた経験があります。

7ヶ月になるまでは第一希望の自宅近くの保育園に入園資格はなく、そのため、7ヶ月になるまで他の方法で娘を預かってもらうことに。。。でも、いくら言葉の意味がまだわからない赤ちゃんでもあのまま通わせなくてよかったと信じています


帰国後の学校選びの際、学校の中や運動場も、事情を話せば見せてくださいました。もちろん、その時にお子さん方の様子は観察させて頂きました。あと、通学路を見て子どもが通うのを想像したり、不動産屋さんにもお話を伺いました。

結果、我々の場合、帰国前は第三候補だった学校に落ち着きました。実際に見てみるといくら評判が良くてもここは、、、と思うところもありました。

あと、東京都ではありませんが、夏休みだけクラスが10人以下の小さな学校に通っていらっしゃるお子さんを存じ上げています。そのお子さんは片言の日本語ですが、お友達と放課後まで仲良く遊んでいるとお母様がおっしゃっていました。自然の中でのびのびと遊べる環境がうらやましいです。

あまり参考にしていただけることは書けませんでしたが、要点は、「百聞は一見に如かず」というところでしょうか。

是非、最終決定をなさる前に実地の見学を、個人的には治安が確実によい地域をお勧めいたします。同じ区のお隣同士でも、住宅地か商業地かなどで色々と差がありますよ。









関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。