プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

幼児用英語DVD抽選いたしました/発送いたしました

中古の幼児用英語DVDに想像以上に多くの方からご応募いただきまして、ほんとうにありがとうございました。
抽選の結果、なのmamaさん、 ともちゅんさんに半分ずつお送りしたいと思います。

なのmamaさん、 ともちゅんさん、
お手数ですが、この記事に非公開コメントで、メールアドレスおよび送付先をご連絡ください。
DVDをレターパック(ポスト投函型)でお送りいたします。
予め申し上げていた通り、SpringGreensさんにもお二人の連絡先をご連絡いたします。

もし、なのmamaさん、 または、ともちゅんさんから、2週間程度コメントが頂けないときは、再度抽選をしたいと思います。

ご応募いただいたのに、お送りできない方本当にごめんなさい。
またの機会を設けたいと思いますので、そのときはまた宜しくお願いいたします。

2月9日 追記)
お二人に、DVDを3枚ずつレターパックで発送いたしました。
コメントを頂いていたのに発送が遅れまして、申し訳ありませんでした。

DVD3枚をプチプチに包んで送る予定でレターパックも事前に準備していたのですが、
厚みが3センチまででないといけないらしく、
プチプチに包まなくてもぎりぎりで、
念のため郵便局に持っていってチェックしてもらう日まで発送できませんでした。

本当は何かおまけみたいなものもレターパックに入れたかったのに、愛想のない小包ですみません。
関連記事
スポンサーサイト

洋書の入手方法 (その1)

ブログの更新は少ないですけれど、本年も続ける予定です。
どうぞ宜しくお願い申し上げます。

年末最後の記事にコメントをいただいている方々、ありがとうございます。

*****

このブログを「洋書、入手方法」というキーワードで訪問してくださっている方が、時々いらっしゃいます。

たぶん、日本にお住いの方だと仮定して書いてみることにいたしました。
何かお役に立つ内容があるでしょうか。。。

*****

1)書店

時間があるときに、書店によって洋書チェックをすることがあります。本腰入れて多数の洋書を購入目的で行くのは、年に1、2回。下に出てくる、紀伊国屋の洋書セールの時くらいです。

東京で洋書の数がおおいと思ったのは、オアゾ丸善(丸の内)、紀伊国屋新宿南店(新宿南口・代々木)、ジュンク堂池袋店です。ジュンク堂新宿店も品ぞろえがよかったのですが、今はないですよね。私の行動範囲外で、他にもあるかもしれません。

以下、個人的な感想です。

値段は、総じて、安い順に、
紀伊国屋、ジュンク堂、丸善

輸入時期によって値段が違います。同じ本でも値段が違うことがあるのでチェックをおすすめします。

紀伊国屋新宿南店には椅子がおいてあって、座って読めます。平積みの洋書も多く、子供が手に取りやすいレイアウトだと思います。5000円以上購入すると宅急便で無料で送ってくれます。WEBでも共通して使えるポイントもお得だと思います。

ジュンク堂池袋店にも椅子がおいてあって、座って読めます。ジュンク堂は大きな本棚を使って、多数の洋書が揃えてあります。椅子はありますが、洋書の本棚からは離れた場所。テキスト等の品ぞろえはいいです。

オアゾ丸善は、品ぞろえはよくても、定価は高め。Amazon価格と比較してしまうと、定価で買うのはためらいます。運よくセールにあたれば、買うこともあるいう程度。娘が嫌がる理由の一つ、書店売り場が暗いです。下のほうの階は明るいのになぜ???椅子も幼児用の小さいのがあったりなかったり。(あまり悪い点は書きたくないのですが、改善を願って書いてみました。)

外国人が多く住む街の小さな本屋さんも、ときどき洋書のワゴンセール等をしていることがあるので面白いかも。

我が家のお気に入りは紀伊国屋新宿南店です。紀伊国屋は、お正月休みとお盆休みの時期に数日間、店頭の洋書が20%オフになるセールをやっています。行ってしまうと、買い物かご一杯に買ってしまいます。このお正月期間の案内もきていましたので、興味を持たれた方は是非どうぞ。

2)ブックオフ

ブックオフで都内最大は秋葉原店と教えていただいたことがありますが、洋書が多いのは、白金店の地下一階です。

中古品なので、本との出会いは運しだい。

児童洋書で200円からのお値段がついています。この200円の新古書を20%オフ等のセールで買うのが一番お得なのではないでしょうか。ただ、ほしかった本の新古書に出会えることはまれで、子供にとって面白い内容の本ほど使用感が強いので、なかなか難しいところ。

分厚いペーパーバックやハードカバーだといいお値段になっていて、あまりブックオフで買うメリットがないです。

品ぞろえ自体は、アメリカの書店で人気のある作家のものが多数でていて、日本の書店の傾向とは少し異なります。

*****

長くなるので、次の記事に続きます。
関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008