プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

共働き家庭の子供の習い事

娘の初めての習い事は、3歳で、アメリカのPreschoolでの体操のクラスでした。

案内をいただいてすぐ申し込んだのを覚えています。一ヶ月30-40ドル程度。
週1日、希望した子供のみPreschoolの体操室に集められ、外部からいらした体操の先生が教えてくださいました。

**

具体的に娘の全ての習い事を列挙するのは避けますが、色々と習っています/習ってきました(ブログを長くご覧の方はお分かりになると思いますが)。

娘が0−2歳当時、シッターさんをお願いするのに、2500円ー5000円/時間+交通費をお支払いしていました。
安心してお任せでき、かつ、私の要望等をすぐ受け入れてくれそうな会社はそのくらいはかかりました(当時。今は分かりません)。

それを続けていて渡米し、習い事の安さ、衝撃的でした。
シッターさん1時間のお値段と習い事一ヶ月のお値段とに差がないのですから。

そのため、娘が習いたそうなもの、親がやったら面白そうと思うもの、どんどん習わせました。

共働き家庭における子供の習い事の意義づけですが、


*習い事が上達する

本来の目的であり、プロに教えて頂けるので、それぞれ子供のレベルで上達いたしました。

一つの習い事が他のことに役に立つこともあります。
アメリカでは数年間アイススケートを習っていたため、スキーもすぐ上達しました。

何でも経験です。子供も親も納得なら、たくさん習ってもいいと思います。


*小学校の放課後の時間をうめる

学童が6時までだとすると、5時半から6時半の習い事を入れれば、親が近所の習い事の場所までお迎えに行くとしても、学童より30分ほど時間が稼げます。

以前も書きましたが、学校から一度学童によって、時間になったら、習い事先へ送り出してくださいました。
全て校区内でしたので、移動も安心でした。


*1人にならない

共働きだと、どうしても放課後子供が1人になる時間ができてしまいます。

私も子供をきちんと見たいと思うようなことも多々あり、フラストレーションはたまりましたが、もうそこはどうしようもないとあきらめました。

習い事では大人(先生や他の親)の目もあるし、学校のお友達とも一緒だし、良かったと思います。特に、学童の利用はほとんどのお友達は2年生まででしたから。

子供が習い事やりたいタイプでしたので私との意見の相違はありませんでしたが、お家で1人でいる方がいいというタイプだと難しいでしょうね。


*子供の成長を親が楽しめる

小さな子供の習い事だと、親はガラス越しに見学できたりしますよね。
例えばアイススケートですと、子供が技を覚えたり、クラスが上がって行ったり、と良い思い出になりました。


*親がリラックスできる時間になる

土曜日は、近所でまかないきれない習い事、娘の場合は、帰国子女用の英語スクール等に親が送り迎えしていました。
子供がスクールの待ち時間に、お茶やおしゃべりができて、リラックスができました。


**


子供をきちんと育てなかったという引け目はあります。

一方で、
私が働いていたために、アメリカで全日制のPreschoolにも入れ、英語も自然に身に付けたわけで。

Preshoolですが、複数の平屋建ての校舎があり、中庭には遊具を含めた運動場、また、体育館、講堂等もありました。
月に1、2回はバスに乗っての遠足もありました(親も希望すれば同行できました)。

セキュリティーも厳しく、先生方も教育熱心で、ソフトハード共に恵まれていたと思います。

人間万事塞翁が馬というところでしょうか。

**

総合的に見て、習い事を色々やってきた中で、娘の特技や興味があることが見つかり、大事な個性になったと思っています。

意外だったのは、親が得意だったことと、娘が得意なことは別でした。

習わせてみるまで、分からないものです。

関連記事
スポンサーサイト

「消費増税対策」というわけではありませんが、、(その2)

夏のボーナスが支給され、もしくは、予定されているので、何を買おうかと楽しみになさっていらっしゃる方が多い季節かもしれません。

私の場合は、大半は天引き貯金され、手元に残ったお金も投資用にネットで資金移動して終わりです。あっけない〜。

そもそもボーナスは全て貯金/投資にまわしてきているのですが、身辺整理をはじめて以来、欲しい贅沢品もなく。

この時期、細かな臨時出費が続いています。

例えば、

ふるさと納税(果物の時期が始まるこの時期に各自治体にまとめて納税しています)、子供の卒業対策費用(6年生ならでは)、PTA会費、夏休みの合宿費用、新聞の一括払い(集金されるのが嫌いなのでまとめて先にはらってしまいます。カード払いという手もあるのですが、変更中止する可能性があるので避けてます)、両親へのプレゼント、お中元

などなど。

臨時費用は月給の一部を集めたプール金から出すので、ボーナスにさわることはありません。


**


「消費増税対策」というわけではありませんが、、(その1)を途中中断していたので、続きを。

WMですので、スーパーの底値買いというのは無理です。近くで買います。

節約は他のことで。

例えばですが、



6) 海外で買う

日本は何でもお高いですから。アメリカ価格を知っていると、とても日本で買えないものが多数あります。

例えば、
・ 海外出張中に免税店あるいは海外のお店で。
・ 海外通販を利用
(16500円以下ならば関税もかかりません。洋服等でかかっても、日本の直営店で買うよりは安いです。)



7) ネットでできる節約情報を得る

ノマド的節約術
http://nomad-saving.com/

を参考にさせて頂いています。

このサイトでお得度を知った”au wallet” と”じぶん銀行”の組み合わせで、随分お得な思いをさせてもらっています (お得なのは2014年限りの可能性もあります)。



8) 金融機関のキャンペーンを利用

定期預金の金利の高い銀行に預けたり、まとまったお金を一定期間預けたりすることで、頻繁にランチ代程度が入ってきます。

インデックス投資日記@川崎
http://longinv.blog103.fc2.com/

を参考にさせて頂いています。


9) 職場の福利厚生を利用

チケットが安くなったり、スポーツクラブの法人会員になれたり、自分にメリットがある利用方法があるはず。



10) 税金について学ぶ

私は学校でお金や税金について学ばなかったのですが、今の世代は中学高校で学ぶ機会があるのでしょうか?

子供が大学生になってアルバイトをする頃には、この手の話題の本は一度目を通すようにいうつもりです。


人それぞれの立場で何かしら、参考になるところはあるのでは?

サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)
サラリーマンの9割は税金を取り戻せる - あらゆる領収書は経費で落とせる【増税対策編】 (中公新書ラクレ)大村 大次郎

中央公論新社 2013-12-09
売り上げランキング : 2934


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


社会人なりたてに読みたかった。

「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー習慣
「貯まる人」「殖える人」が当たり前のようにやっている16のマネー習慣首藤由之

阪急コミュニケーションズ 2014-02-27
売り上げランキング : 135119


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。