プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

小学校6年生の9月の状況 

お昼ご飯の心配をする夏休みが終わって一息する間もなく、怒濤の日々がはじまりました。

近況ですが、

* 塾と宿題

地方出身のせいか、時代のせいなのか、私には、塾で教える知識レベルがすごいものに感じます。

国語は、「地方公立高校受験レベル」というのは聞いたことがありますが、さもありなん。
日本史は、中学受験が終わったら、センター試験を解かせてみようと思っています。
時事問題も子供と議論したくありません。。恥をかく。
算数も、今後役に立たない分野と、高校でも学ぶ分野と入り交じっているような。。

小学校高学年、2年間の間に勉強する知識の密度に唖然とするばかり。

* 受験をするにあたり、夏休み中に一旦、習い事をお休みする手続きをとりました。

* 12歳になり、歯科検診に行かせました。

「10歳までの虫歯は親の責任」というのを、どこかで読んだか聞いたような気がして、11歳になるまでは、夜、仕上げ磨き、フロスをかけていたんですよね。虫歯はできたことがなく、歯に関しては親の責任は果たしました。

11歳になったとたん、突き放した訳ですが、この1年、内心びくびく。

歯医者さんでは、乳歯を抜かれ、クリーニング、フッ素塗布となったようですが、虫歯はなかった模様。

とはいえ、歯医者さんに注意されたのか、時々自分でフロスをするようになりました。

アメリカに行く前は、日本の歯医者さんで販売されている子供用歯ブラシをごっそり買って行き、
アメリカから帰国する時は、カラフルな柄がついた子供用フロスを何袋も買って帰りました。
アメリカの子供用フロス、フッ素塗布がされていたりします。

まあ、とりあえず、ほっとしました。

***

洋書は相変わらず読んでいます。毎日。。

actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)
actto BST-02 ブックスタンド(OEM品番:EDH-004)
actto corp.
売り上げランキング : 388


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


学校で、待ち時間に読んだりもしているようです。

8月24日、たまたま近場の紀伊国屋に行くと、洋書セール(8月22日ー24日)でした。
洋書なんて最近気にも留めてなかったので、セールのことも、チェックすることすらすっかり忘れていました。

新宿南店ではなかったので、選択肢は少なかったのですが、3冊ほど購入してしまいました。
洋書を買ったのは久しぶり。
子供も、あっという間に読んでしまいました。

***

9月以降、学校行事は目白押し。
日曜日祝日ですら、模試やら塾やらの予定が入ってきます。
子供達、頑張ってますよね。

私も、仕事、家事、PTA、子供の送り迎え、なるべく気持ちをリラックスするようにして、つとめたいと思います。。。

関連記事
スポンサーサイト
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008