プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの銀行口座と円安

帰国する時に、それまで外国で遣っていた銀行の口座を閉じる方と、維持する方がいます。

私の場合は日本へ帰国後もそのまま維持しておりました。

理由ですが、

- 退職金(ドル建て)が、帰国後にチェック(小切手)で支払われるため。
- 帰国後にアメリカでの所得税の確定申告をIRSに行うため。
- 帰国時、アメリカ滞在時と比較して円高傾向にあったため。

です。

現在のメリットとしては、

- アメリカに行った時に、ドルの現金をATMで手数料なしで入手できる。

でしょうか。

維持するのにデメリットもあります。

例えば、
- W8BENなどの税金書類処理(たいしたことはないですが)。
- 休眠口座にならないように、気をつけなければならない。

等です。

***

休眠口座にしないために、Checking Accountから Saving Accountに自動で預金していたのですが、最近、銀行から自「動振替だけでは休眠口座になる」、という連絡がありました。

当分アメリカに行く予定はないし、、、と悩んでいたのですが、

調べると、「銀行のデビッドカードをログイン後のホームーページ上から activate出来る」のが分かり、早速activateしました。

今まで、カードのactivateはATM でしかできないと思っていたのですが、ホームーページからもできるとは。

そして、折しも円安、海外でのネットショッピングはデビッドカードでドル建て決済することにいたしました。

これで、休眠口座の心配をしなくてもよいでしょう。

***

この円安を利用して、

アメリカの銀行のドルを利用、あるいはドルを円へと少しずつ両替していき、アメリカの銀行口座の残高を口座維持手数料のかからない程度にへらして行こうと思っています。

遣いそうにないトラベラーズチェックも現金化したいなあ。




関連記事
スポンサーサイト

自分甘やかし週間

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。