プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

PTAつれづれ

最近、娘に「イクメンって何?」ときかれた。
(「草食系男子って何?」とも。)

***

近所にすごいイクメンがいる。
仮にA氏としておく。

A氏は、会社をいくつか経営していらっしゃる。
A氏のお話では、別の職場で働くワーキングマザー(WM)の奥さんより時間の融通がきくらしい。

ご近所のA氏が2人の子供を連れてお出かけしているのをよくみかける。
一人はだっこである。

朝、子供を保育園に連れて行っているのもみかける。

そして、もう一人のお子さんの小学校のためにPTA役員もなさっている。



A氏のバックグラウンドを知るようになったのは、
同じく子供の公立小学校のPTAに所属していて、A氏が自己紹介をなさったから。

PTA委員で会社経営者はA氏だけではない。
PTAに参加されていらっしゃるお父様方の中には、時間に裁量のきく会社経営、専門職、自営業が多かった。

ある自営業のお父様B氏は、「(社長のC氏に)経営について習うためにPTA(委員・役員)に入っている。」と冗談めかしておっしゃっていた。
PTAで異業種交流である。

お父様方もフットワークが軽い。
お菓子配り、コピーとりまでしていらっしゃる。

私が職場で最初に”PTA"という単語を口にした時の同僚の反応は、
「・・・(何の略語かわからない)」、
「ブブブ、、、(笑いをこらえている)」、
「えっ(驚)、SchlaさんがPTAですか!」
だった。
WMはいるはずだが、大きなお子さんがいる女性が少ないのかも。

我が家の夫は、「PTA(委員・役員)にお父さんっているの?」などときく、ふとどきものである。



確かに、PTA委員の大半はお母様がたである。

しかし、乳幼児と一緒に参加という方も、お子さん3〜4人いらっしゃる方も、WMも、仕事と介護をしながらの方も、皆さん時間のやりくりをなさって、力になれそうなものを選んで参加していらっしゃる。

完全に時間がある人など滅多にいないと思われる。

2人一役の形式をとるご家庭もある。
WMが一家の代表で参加だが、行事の日程によっては代打でお父様がでていらっしゃる。

忙しくても参加する人は参加する。結局は、その人(家族)の気持ち次第ということだろう。



思いがけないのは、かわった考えの方をする方と一緒になった時だ。

PTAの委員を名前だけ引き受けて、「仕事」を理由にほとんど全ての役割やミーティングに不参加の方には非常に困惑したこともある。



「子供が在学中に一度はPTA委員/役員」、と義務感にかられがちなPTAだが、
保護者個人へのメリットも多い。

学校の構図、仕組み、がよく見えるようになるのはもちろんのこと、上の学年の方からの情報が入る、新しい知り合いもできる。

普段きくことのない、色々な立場のママ達のお話もとても新鮮だった。



A氏をすごいイクメンといったが、
複数の子供を子育て中のWMは、そんなに珍しくはない。

あえて男女平等を目指したいというのではない、とお断りした上のでの話だが、
「イクメン」という形で、お父様方がとりあげられなくなったとき、
共働き家庭の子育ての負担が男女平等に近づくではないだろうか。

**

娘の中学校でも、6年間のどこかでPTA委員をするのが楽しみである。








関連記事
スポンサーサイト

中1の壁

「中1の壁」を、ワーキングマザーのカテゴリーで書くのは変だとも思うのですが、
あえて中学校生活用のカテゴリを作るほどのことでもないと思うのでお許しを。

以下も、くだらない内容です。英語にも関係ありません。

***

一般に「中1の壁」は、最初の中間テスト等をさすことが多いようですが、
娘にとっての「中1の壁」は、「靴」、「算数」、「お茶」でした。


*靴

公立小学校時代の運動靴を毎朝履いて出ようとする。
親が注意しないと中学校指定の靴を忘れている。
1ヶ月以上続いた。

娘 「黒い靴は、パパかママの靴にしか見えないの!」

6月に入った今では、大丈夫。


*算数

どうどうと、数学用(と思われる)ノートの表紙に 「算数」 と書いてある。
最近になって書いたと思われる、2冊目ノート、「算数2」も見た。

娘 「6年間算数と言ってきたのに、急に数学というのは無理!」

娘だけではないと信じたい。


*お茶

入学直後から、学校で飲む量が増えた。

朝〜夕方まで塾に行っていた時期に使っていた小さな水筒では一日もたないといわれる。
仕方なく、重いのに大きな水筒を持たせていた。
お茶も1ℓビンで2本分は作って冷蔵庫においていた。
帰宅してからも、すぐ飲めるように。

5月の中頃から、小さい水筒にもどってきた。
「(通学に)疲れなくなったから。」とのこと。


***

入学して2ヶ月がすぎましたが、他には特に”気になること”、”気にする必要があること”はありませんでした。

子供が自分で何でもしてしまうタイプなので、WMにとってはありがたい。

関連記事
ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008