プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

WEBレッスン開始にあたって

複数の方から、WEBレッスン開始にあたっての質問を頂きましたので、まとめて記事にさせていただきました。

・どのように先生を見つけたか

ネットでお知り合いになった方にこの会社を教えていただきました。
https://e-syaberitai.com/

最近は他にもたくさんWEBレッスンの会社があると思います。私自身は比較検討したことはありません。上記の会社でも、先生によって偏差はあります。

どのような先生が良いかは、親がWEBレッスンに望むこと、子供の英語力、先生との相性、など色々な要素が絡んでくるので一概には言えませんよね。先生の選び方、一例として我が家の例を書きました。あくまで、一例ということで。

1. まずは、Text選び
Textを使って娘にレッスンを受けてほしいと思っているので、会社が示してあるテキストの中から選んでAmazonで注文して入手しています。親の時間が許せば、先生に教材のpdfファイルを送って使う方法もあります。
 
2. 娘の好みで先生選び
選んだTextの取り扱っていらっしゃる先生から、顔写真と名前で娘がチョイス。

3.WEBレッスンを受けてみて様子見
こちらがテキストを指定してあるにもかかわらず、30分間、娘に質問だけしてフリートークなさる先生には、次にお願いすることはありません。

いい先生でも、先生側のフリートークが多くなると(=娘をただのおしゃべり相手、息抜きにするようになると)、予約の回数を減らします。Show&Tellとテキスト半々ならばOK。

・レッスン依頼にあたっての留意点

会社ですし、1回あたりが安いので、失敗したなと思ってもたかが知れています。従って、あまり重要なことはないのですが、

強いて私の好みを言えば、

先生に関して、子供向けではなく、中級、上級向けとされている先生を選んでいます。子供向けの先生は、会話がゆっくりで、フリートークが長くなる傾向があるのが分かったからです。会話にスピードがあり(ナチュラルスピード)、てきぱきレッスンを進めていく先生が好きです。

Show&Tell (気に入った物を説明する、子供のプレゼンテーション) はいいと思うのですが、”フリートークのみ”にお金を払う気にはなりません。使う語彙が偏っていると思うからです。実際、アメリカにいた時、私とのフリートーク(日常会話)のみでは、娘の日本語の語彙は貧弱でした。(でも、日本語フリートークがなければ日本語は忘れていたでしょうし、全く無駄というわけではないのですが)。たまに、私のコンピューターの時はテキスト、主人のコンピューターの時はフリートークにしてしまう先生がいらっしゃいます(主人のコンピューター使用の時は、母親不在というのは分かっていらして、母親がうるさいのを認識済みということでしょう。時々であれば眼をつむっています。)

現在4冊のテキストを使い、それぞれに4人の先生を固定しています。このようにしているのは、テキストを固定すると手間が省けること、複数の先生およびテキストで色々な学び方ができること、予約の調整がしやすいこと、が理由です。

・費用

上記の会社で、平日毎日30分のレッスンを受けていると、10000円位になっていると換算できます。前もってポイントを購入する仕組みなので、月極ではありません。

・コンピューター他

自宅のコンピューターですが、主人はPC、私はMacです。主人は外付けでマイクをつけていますが、私は、内臓のカメラとスピーカー、マイクをそのまま使っていて何も外付けしていません。私の方だと娘と先生の会話が部屋の外でもよく聞こえるのでいいです。

私のSkypeアカウントで、予約を全て入れています。主人も自分のSkypeアカウントがあるのですが、先生方も我が家の状況に慣れていらして、予約時間にオンラインになっている方のSkypeにコールしてくださいます。最初の頃は、コメント欄にどちらにコールしてほしいか、記載しました。こちらがコールする場合、HP上からも、開始できます。


こんな感じで、返事になっているでしょうか。そのうち、前回からの娘のWEBレッスンの様子の変遷も書いてみますね。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

経過報告ありがとうございます

順調にウェブレッスンを受けていらっしゃるご様子、なによりです。私までうれしくなってしまいました。
ありがとうございます。
学年が上がるにつれて、たかだか25分の時間を捻出することも段々に難しくなってくるのですが、時間の使い方のお上手なScholaさんですから、今後もきっとうまく導いていかれることでしょう。

「キラキラ読書クラブ」ですが、図書館で何度も借りて読んでいます。Scolaさんも手に取られたと知って思わずにんまりしてしまいました。本当に趣味が合うなと感じます。質も量も大事、そのとおりですよね。

「フレンズ」は以前から見たいと思っていたのですが、なかなかドラマを見る余裕というものがありません。
と、、、言うのは単に時間の使い方が下手なんだと気付きました。フルタイムでお仕事されているSchlaさんより時間がないわけないんです。
家族のためだけでなく自分のためだけの時間も必要ですよね。「フレンズ」ぜひ、見てみようと思います。

こちらこそありがとうございます

こちらこそWEBレッスンのご紹介をありがとうございます。

WEBレッスンだけは、毎日英語に触れるという砦になっています。平日に時間も一定に決めて、仕組みづくりができているので続いているのだと思います。読書は毎日するのですが、それが日本語のみの日も多々あります。ワークブックもまとめてとか。私が家に毎日いれば管理できるのですが、そうではないので本人の自主性にかかっています。

主人は娘の英語の読書やワークブックなどにほとんど関心がありません。しかし、WEBレッスンだけは予約している関係上、先に帰宅している日には彼のコンピューターで面倒を見たり、外出時には本を提げていったりはしています(私の主人に対する教育効果でしょうか)。

月から金というのは、祝日でも夏休み中でも平日に入るので、旅行中は大変です。一度別荘地に行った時は、時間までには宿泊場所についたものの、emobileの使える範囲ではなかったようで、大急ぎで車で山を下り、接続可能な地域のコンビニの駐車場でレッスンさせたこともありました(宿泊地にはWiFiなし)。初めての先生だったのですが、暗くてテキストは使えず、でも先生が臨機応変にオンライン上のマテリアルで授業してくださいました。空港から帰宅途中の駅のベンチでレッスンを受けたこともあります。

というわけで、WEBレッスンだけは執念で毎日受けさせています。本人も、先生からキャンセルの連絡が入ると、代わりの先生で予約を取ってほしいというくらい、気に入っています。

Lyenaさんの息子さんは、英語にお勉強にスポーツに益々お忙しそうですよね。Lyenaさんのご家族そろって、スポーツを楽しまれる様子がうらやましいです。私も娘に中学年位になったら、スポーツチームに所属してほしいです。私も子供の頃は小学校の部活の他にミニバスケットのスポーツ少年団に所属し、放課後は毎日夜遅くまで練習していました。今思えば、指導の体育の先生が非常に指導力にすぐれて優秀な方でした。娘の小学校にもスポーツ少年団があるとよいのですが。英語や勉強もできるにこしたことはないのですが、ある一線を超えた学力があれば、社会に出て一番大事なのは心身ともに健康で、タフなことだと思います。

「フレンズ」、私もようやく半分位見終わったところです。最近は、私が娘の面倒をみる日でなければ、午前に帰宅が多いので、平日はとても観る暇がないのですが、観るなら週末でしょうか。Lyenaさんも入手できたら、楽しんでくださいね。

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008