プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカの子供が読んでいる児童洋書

英語圏の子供が読んでいる本について興味を持っていただいた方がいらしたため、改めてアメリカの子供が読んでいる児童洋書をグレード別にご紹介しようと思っています。でも、一度には無理なので、時間をおいて各学年のリストを公開、かつ、随時更新していく予定です。リストは、ブログで公開した後は、右側の「娘のWEB本棚」においておきます。

グレード別にするつもりですが、学校によってもお子さんによっても非常に偏差があります。スコラスティク、アメリカの本屋さんの本棚、サマーリーディングリスト、娘の読書具合などを総合的に考慮して、有名どころを並べようと思っています。

アメリカのスコラスティックブッククラブのカタログを実際にご覧になりたい方は、こちらからチェックできます。学年に応じてカタログが配られますが、同じカタログの中に簡単な本から難しい本まで幅広い内容になっています。

http://teacher.scholastic.com/clubs/

左のタブから学年に応じたカタログが選べます。
SeeSaw: Grades K-1
Lucky: Grades 2-3
Arrow: Grades 4-6

私も、アメリカ滞在中は、学校を通じて、ブッククラブ利用していました。Magic Tree シリーズほか、Headquateresシリーズなら、Magic school busチャプター, A to Z mysteries, Black Lagoon, Narnia, Harry Potter等、常時注文可能でした。下記のサイトから、カタログをプリントアウトして、通常のオーダーと一緒に学校に出していました。

http://teacher.scholastic.com/clubs/series_second_to_third.htm

娘がPreschoolの時は、上の学年のカタログまでもらってきていましたが、Kinderからは学年相当のみ配布されていて、既に、読んだり持っていたりするものばかりでした。そこで、Lucky, Arrow, TAB, のカタログをプリントアウトして記入の上学校に渡していましたが、注文を受け入れてくれていました。ついでに、翌月のものとかも、あわせて注文したことがありますが、可能でした。

カタログに載った本の下に、小さくRLと書かれてReading Levelが表示されています。RL4.1ならGrade4相当の本になります。おおよその目安にはなりますが、必ずしも実際に読まれている学年とRLとが一致しない場合もあります。

それでは、後ほど、リストを公開します。



関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

娘達にどんな本を買えばいいのか迷うのですが、
Schlaさんが「『Newbery Award』などの賞をとったものを」と書かれているのをみて、参考にしています。

うちの小1娘はまだ自力で読むことはできないのですが、I Can Read! シリーズなどを読み聞かせすると
食い入るように見ています。最近のお気に入りは"Fancy Nancy" です。

グレード別のリスト、とても楽しみにしています♪

Leveled Readers

こけももさん、コメントありがとうございます。

> うちの小1娘はまだ自力で読むことはできないのですが、I Can Read! シリーズなどを読み聞かせすると 食い入るように見ています。最近のお気に入りは"Fancy Nancy" です。

I Can Read! シリーズは読みやすいし、絵もかわいいし、おまけに Caldecott受賞しているような作品も多数あります。娘も今でも、An I can Read シリーズやStep Into Reading シリーズは好きです。

娘も先日、紀伊國屋新宿南店に行った時に、Fancy Nancyを立ち読みしていました。I Can Read! シリーズの同レベルのだとSyd Hoffの作品や、犬のHarryの本も楽しいですよ。I Can Read! シリーズではないですが、娘は、Henry and Mudgeシリーズも非常に好きでした。Henry and Mudgeシリーズを書いたCynthia Rylantは、児童洋書も書いています。

記事にしようと思っているGrade1のリストでは、Leveled Readerは省略してしまっています。アメリカの子供向けリーダーについての説明は、娘のWEB本棚のコーナーにある”アメリカのLeveled Reader”をご覧ください。

また、具体的なリーダーの例は、WEB本棚の”娘の本棚ー児童洋書 (娘4-5歳)”をご覧ください。カテゴリーを選んでいただければ本の表紙が出てきます。上から経験上優しい順で並べています。

Newbery賞の本は我が家も憧れですが、Nativeでも中学年以上が対象の本がほとんどです。Caldecott賞の絵本は、自分で読むのはリーダーより難しいですが、絵を楽しみながら読み聴かせするのにはいいでしょうね。

日本の図書館でも英語の絵本やLeveled Readerがたくさん見つかるといいですね。我が家は最近は図書館巡りをしています。

ご丁寧なお返事ありがとうございます。「娘のWEB本棚」、大変参考になります。

うちの長女は物語が大好きなので、英語の本でもそこがポイントになります。あと、'girly' なものを好むので、 Fancy Nancy などはピッタリだったようです。

Henry and Mudgeシリーズも良さそうですね。初めて知りました。こんど紀伊國屋新宿南店へも、娘と行って見ます。

ちなみにHNはこけももではなくゆずももです^^

ゆずももさんへ

ゆずももさん、お名前、急いでいて大変失礼をいたしました。お許しください。

>'girly' なものを好むので、 Fancy Nancy などはピッタリだったようです。

とすると、Fancy Nancyが終わってしまったら、Kay Thompsonが書いたEloiseとかもお好きかもしれませんね。もともとは、絵本として有名ですが、Ready-to-Readで読みやすいリーダーが出ています。オンラインで絵をチェックしてみてくださいね。Strawberry Shortcakeもアメリカの女の子に人気でした。ただ、veryをberryとスペルしている所があるので、注意が必要ですけれど。

あと、チャプターブックだと、Olivia Sharpeがお嬢様探偵です。毛糸の襟巻きをして登場します。

> こんど紀伊國屋新宿南店へも、娘と行って見ます。

Fancy Nancyは、An I can Readシリーズがまとまった回転本棚の上の方にありました。お持ちでなくてお嬢さんのお気に召すのがあるといいですね。目だたないのですが、壁の方に、2つならびの椅子があります。

またまたご丁寧にありがとうございます。

"Eloise" はこちらでみて、長女が好きそうだな~と思っていました。ストーリーも楽しそうですね♪

紀伊國屋情報もありがとうございます。洋書はいつも私がネットで注文しているので、一度本人に選ばせてみようと思います。

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。