プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

アクセス解析から~語数 Grade 2レベル

このブログのアクセス解析をチェックすると、

検索キーワードに、

”児童洋書の題名(こちらは色々)”、 ”語数”

の組み合わせが多いことが分かりました。

せっかく、このブログに来て頂いて "Grade 3"レベルからしか語数をのせていないのは大変申し訳ないので、"Grade 2"レベルにも語数をのせました。

右カラムの『娘のWEB本棚』にある「Grade 2 向けチャプターブック」にのせています。

シリーズ内でも、ばらつきありますね。どれから読んでもいいのなら、薄い物から読みたい、とかあるかもしれませんね。

「英語多読完全ブックガイド」
「英語多読入門(CD付) (めざせ! 100万語)」

のような本も出ているので、100万語を目指した方が、語数のカウントをしていらっしゃるのでしょうか。

このGrade2からGrade3のレベルは、たくさん読めてしまうレベルでもあり、お金がかかるレベルでもあり、踏ん張りどころですね。

都内なら、大使館がある区の一番メインの図書館においてあることが多いです。とはいっても、限られたシリーズですけれど。本当は、リーダー位からGrade2レベル位までは、どこの区にもおいてあるといいのですけどね。

Grade4レベル以降は、少し本も分厚くなることもあり、必要数が少なくなります。

ともあれ、Grade 2 向けチャプターブックの語数、5分ぐらい時間がある時、少しずつ足していきました。お役に立てば幸いです。

亀の歩み、ですが、また時間ができた時に、”Grade1レベル”と”リーダー”の記事にも語数を足していきたいと思っています。

*****

ちなみに、アクセス解析のキーワード検索で、一番多いのは、帰国子女関係の語彙

”帰国子女”、”英語保持”、”英語維持”、”保持教室”

などなどです。

ダイレクトに

”セミリンガル娘”とか、”セミリンガル娘の本棚”

と検索してくださっている方もいらっしゃいます。

あと、

"Audible"や”ワークブック”

関係もありますね。

Audibleについては、また気がついたことをメモ程度に記事にしようと思っています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008