プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

英語保持でパパの果たした役割は、、、

このブログにパパはほとんどでてきません。

なぜなら、

娘の英語保持に対するパパの主体性は限りなく0に近いから。


パパも娘のことに協力的ではありますし、娘の英語力に対するコメントもありますが、パパ自体はとてもお気楽。

帰国してからの4年間、パパの協力を振り返ってみましょう。


**

1) WEBレッスン

共働きなので、早く帰宅する当番の方が、娘にWEBレッスンを受けさせます。

当然、パパが先に帰宅する日はパパのコンピューターで娘がレッスン。

平日、同じ時刻からレッスンするという習慣は、パパのためでもありました。
忘れないように!


2) 洋書1冊

Holes.

”ALA Notable Children's Book AwardとNewbery Awardの2つの賞を取った本”と誇らしげに教えてくれました。

自分が読んだ後に買ったものが娘に本棚においてあります。ちなみにハードカバー。

残念ながら、無駄な出費だったかと。

娘は、私が買ってあったペーパーバックで読みました。

Holes
HolesLouis Sachar

Yearling 2000-05-09
売り上げランキング : 9


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



3) iTuneでAudiobook、1冊。

娘が既に読んでいた本を、Holes の Louis Sacharつながりでダウンロードした模様。

(リンクは、本です)

The Wayside School Collection Box Set
The Wayside School Collection Box Set

売り上げランキング : 332132


Amazonで詳しく見る
by G-Tools




4) 英語スクールへの送り迎え、1回。

ちなみに、私が海外出張に行ったものの、思わぬアクシデントで帰国が遅れた時。



ううん、ううん、他には、、、ありました!


5) 本棚

中身は私担当。


**


娘の英語の費用ですが、

よく考えれば、本棚の中身(洋書、ワークブック)だけでなく、Preschool、英語スクール、WEBレッスンの手配はもちろん、費用も全て私の収入から支払っています。

それ以上に、生活費をパパが担当しているのでいいのですけどね。

**

ちなみに、パパから娘の英語に関して得られたコメント。

「”Schla娘(もちろん本名)”ちゃんが英語ができるのがうらやましい。」←何もしなければ無理。英語保持したから今でもできるのよ!

「WEBレッスンはとても善いと思う。」←教えてくださった方に感謝!

「もう Kindleにしたらいいと思う(=紙の洋書をこれ以上買わないでほしい。家が本だらけになるから)。」←・・・

その他は、記憶にございません。

”幼児低学年帰国子女の英語保持が難しい”と言われているのを知っているのだろうか?



*****

夫婦とも、英語を使う仕事ですし、海外出張もありますが、家で娘と英会話ということはまずありません。

アメリカでも日本でも、話しかけ、読みきかせを親が英語でしたことはないです。

そういう意味では夫婦の役割は同じです。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008