プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

働くママを持つ小学生の放課後

そろそろ小学校入学をもつお母様方が動き出されているのでしょうか?

「働くママを持つ小学生の放課後」についての検索がされているようです。習い事をどうアレンジするかがが目的でしょうか。

タクシーの利用や民間の学童を利用する方法もありますね。

色々あると思うのですが、以下は、娘の例です。

**

基本的には、過去記事

共働きのための住環境


で書いた通りです。

我が家の場合は、「職・住・学近接」をアメリカ滞在時よりモットーとしています。アメリカでは近接でも移動は車ですけれど。

帰国してからは、「住・学(公立小学校)・学童・習い事・塾近接」でした。

小学校はスープの冷めない距離。平日夕方の習い事は全て自宅から徒歩5-10分以内範囲にありました。中には徒歩30秒もあります。大手の塾も種類を選ばなければ小学校の学区内にあります。

*小学校低学年*

小学校低学年の時は、一端は学童へ行くものの、時間が来ると”習い事の場所”に向けて、集団下校させてくださっていました(他のお友達も同じような行動パターンが多い)。曜日によって、どの時間に、どこへ集団下校させてもらうか、予め記入しています。

”習い事の場所”も学区内なのですが、集団下校時は、学童の先生方の誘導あり、警察官の方も歩道に立っていらっしゃり、安心でした。

何か子供の放課後の生活で疑問があれば、一番ききやすいのは学童の先生方だと思います。子供達の生活、習い事、よくご存知です。

娘が帰国子女なのを心配していましたが、「英語の習い事をしているお子さんが多いから大丈夫」だとおっしゃってくださったのも、学童の先生でした。

日本の伝統芸能や遊び、一輪車などができるようになったのは、学童のおかげです。娘の場合は、日本語のリハビリもです。

*小学校中学年*

ほとんどのお友達は、学童は低学年で卒業しました。

中学年以降は、一度帰宅し、改めて学区内の「習い事/スポーツができる場所」あるいは「塾」に通っていました。娘も習い事が二個連続の時は、一個目の場所でお友達と誘い合って二個目に行っていたようです(といっても、ものすごく近いのですが)。

ほとんどの放課後は習い事が入っていた訳で、「習い事の場所」が学童代わりになっていたようなものです。

習い事の場所が、近所だったこと、また、娘本人は退屈なのが嫌いなタイプなので喜んで通っていました。体力がある方ですし、小学校の通学も楽なので、放課後活動に疲れたような感じは全くありませんでした。

習い事は週に3つまでがよいときいたことがありますが、うちでは守ってないです。

*小学校高学年*

娘も塾に行くようになりました。小学校が近いのもあり、小学校から帰宅後、(しっかりと)おやつを食べ、(ものすごくいい加減な)ピアノの練習をしてからでかけても、塾の授業に間に合うようです。

近所の習い事も続けています。

**

あくまで一例です。働くママとしては、現状に満足しています。
関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008