プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

英語保持と中学受験と (コメントへのお返事)

コメントをくださった方から、「(中学入試との兼ね合いから)いつまで英語スクールに通いましたか?」、というご質問をいただきました。

直接のお返事は、「小学校の4年生の始めまで」です。

オンラインレッスンは、4年生までは平日毎日、5年生からは塾のない日に時々受けていたと記憶していますが、途中からは受けなくなりました。中学入試後の2月から再開して中学校入学後もしばらくまで受けていました。

ただ、読書は息抜きなので、(受験面からすると問題なのですが)洋書からはなれることはありませんでした。



お子さん一人一人に伸び時がありますし、中学受験がゴールだとも全く思っていません(一部の学部を除くと大学受験がゴールだとも思っていませんが)。その前提で追記いたします。



娘は単なる一例でして、英語保持と中学入試の兼ね合いは一人一人お子さんによって違うのでお子さんに応じて臨機応変に対応していく、ことになると思います。

モノリンガルでも国語に悩まれるお子さんがいらっしゃる一方、英語も一般科目も両方ともに天井知らずレベルのお子さんがいらっしゃるのも事実です。日本で育っても本をあまり読まない方もいらっしゃれば、小さい頃からアメリカ現地校でも日本語の難しい本も好きなお子さんもいらっしゃったり。

また、英語と国語の兼ね合いは、お子さんの個性、帰国年齢等の背景、帰国子女受験の有無はともかくとして、受験する地域、受験希望校の国語のレベルやタイプなども関わってきます。

中学入試や塾の試験の国語のレベルは、地方の高校入試レベルです(塾の先生談)。小学校の教科書とは全く趣が異なります。中学受験を予定されていらっしゃるなら、小学校の国語も大事ですが、その評価だけに安心しないことも大事ですよ(娘の反省をふまえて)。



上記は老婆心ながら付け加えただけです。
お子様のこれから、とても楽しみですね。頑張られることでしょう。
コメントを頂いて娘の英語で楽しかった時期を思い出しました。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

丁寧なご返信を有難うございました。
ブックマークを過去記事単体につけていたために、新規投稿でご回答頂いていたことに気がつくのが遅れました、大変失礼致しました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事をありがとうございます。

お返事をありがとうございます。

このブログも、現在1、2ヶ月に1回の更新になっており、子供が高学年に近くなった頃から私の英語への熱意も冷めてしまっています。あまりお役に立てることもないと思うのですが、またお時間がございましたら遊びにきてくださいね。

蛇足ですが、英語スクールや私立中学が「公にしている資格」の中には、相談次第でゆるやかに動く部分があるようです。もちろん、全ての学校ではありません。気になること、こうしてほしい、というのがおありになれば、とりあえずきいてみるだけというつもりで、さらっときいてみるのも手ですよ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008