プロフィール

Schla

Author:Schla
**************

2002年8月生まれの娘が
3歳のとき家族で渡米し、
小学校就学前に帰国しました。

2009年の秋以降の多読多聴記録は
個人使用目的のメモとし、
固有名詞が出る記事は
非公開になっています。
日記に近い記事、
推敲が必要な記事も
現在公表していません。

また、
ブログ公開を中止する
可能性があるため、
相互リンクや「ブロとも」も
遠慮いたしております。
パスワードの送付も
どなたにも行っていません。
あしからずご了承ください。

親の息抜き
スポンサーサイト
全記事表示リンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

英語仲間

英語仲間といっても、「自分が英語学習をする仲間」ではなく、「子供の英語教育を考える仲間」です。



子供の英語教育を考えるとき、
早期英語教育を否定する本を見つけるのは本当に簡単ですが、
そういう本には、ではどうすれば良いのかという具体的な対応策は乏しいですし、
帰国当時、低年齢帰国子女の英語保持は不可能というのが一般的な認識でした。

しかし、アメリカ滞在当時、ブログのコメントを通じて掲示板 Spring Greensを教えて頂きました。

そこには子供の早期英語教育を考えるお母様方が集まっていらしていて、
それはそれは熱心に、でも冗談も交えて、おしゃべりや情報交換などされてました。

日本において子供に英語を身につけさせるには親としてどうするか、ということはもちろん、
市販の問題集、通信教育、塾の教材などでの日本語(国語)、算数などの先取りなど。
お仕事されていらっしゃるお母様がも多く、長期休暇の過ごし方などのお話も。

お話しされていらっしゃる方々はとてもとても教育熱心なのは間違いはないのですが、
とはいえ、
掲示板を作成・運営された方々のお人柄によるところが大きいく、
愉快で(失礼!)気持ちにゆとりがある温かな方々が集まっていらっしゃいました。

当時、掲示板でいただいた情報をもとに子供用に本(英語、日本語)や教材などを色々と購入しました。
情報も有り難かったですが、
そういうお仲間やお子様方がいらっしゃるということ自体も心強かったです。
子供の伸び時についても勉強になりました。

掲示板、とてもいいコミュニティだったのに、娘が高学年にさしかかる頃だったか大量の迷惑広告に邪魔されてしまいました。
熱心にお話なさっていらっしゃったお母様方のお子様方も大きくなられて子供の英語教育を卒業なさった感もあります。

今、子供の英語教育現役中のお母様方も、子供が同世代のお仲間がいると楽しいだろうと思いますよ。
英語スクールのママ友はもちろん、ブログなどネットでのお友達も。
いい雰囲気の掲示板もあると具体例も多く得られていいのでしょうけれど。


関連記事
スポンサーサイト

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

ブログ内検索
月別アーカイブ
...since 02/10/2010
free counters
...since 07/03/2008
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。